FC2ブログ

ラブの悠々日誌

看護の心をみんなの心に!

こんにちは!みなさん、ゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか?
私たちナースは祝日も平日も関係なく仕事をしているので、ゴールデンなウィークとは無縁…なのですが(笑)
通勤時の電車がいつもより空いていたり、入院中の患者さんの元にたくさんのご面会の方が来られて賑やかだったりと、いつもと違う雰囲気でゴールデンウィークを肌で感じていました( ´▽`)笑
そんな楽しげなゴールデンウィークが終わって少しすると、【看護の日】というものがあるのですが、みなさんはご存知でしょうか?
看護の日、とは・・・0508-1.jpg

高齢社会と言われている現代を支えていくために、『看護の心・ケアの心・助け合いの心』を、みんなで分かち合っていこう!というメッセージを込めて、老若男女を問わずだれもがこうした心を育むきっかけとなるよう、旧厚生省により制定された日なのです。
そして、毎年、5月12日が看護の日となったのです。近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、この日に制定されました。
看護の日には毎年、全国各地で、気軽に看護にふれていただける楽しい行事が行われているんですよ
\(^o^)/
そして我が大久保病院でも、看護の日のイベントが行われます♪♪
今年は5月10日です。
内容は、
・骨密度、血圧、体脂肪、身長体重などの身体測定
・健康相談  ・栄養相談  ・薬剤相談
・腎臓病予防   ・フットケア   ・脳卒中リハビリテーション
・AED体験                  などなど!

0508-2.jpg
↑「看護の日」のポスターはこちらをクリック!!

我が病院のナースの他に、認定看護師(ある特定の看護分野において、高い水準の看護実践のできる特別な看護師さんです☆)、医師、栄養士や薬剤師といった各ジャンルのプロがみなさんをお待ちしております!
この機会にぜひ、ご自分の健康について改めて考えてみてはいかがでしょうか?そして、このイベントにお越しいただいた方が、そこで得た情報を身近な人に伝えたりすることで、健康づくりの輪が広がっていくのです。
それこそが『看護の心をみんなの心に!』なのです(∩^ω^∩)
みなさん、お気軽に遊びに来てくださいね\(^o^)/

今回の担当はゆきちでした☆
2年間大久保ナースブロガーの一員でしたが、今回で私の記事は最後となりました(´つω・`)
いつも読んでいただいた方、たまたま飛んでこられた方、みなさまに感謝♡
これからも大久保ナースブログをよろしくお願いします!
それでは、さようなら( ´ ▽ ` )ノ

病院機能評価を受審しました。

みなさん。こんにちは。
久々にお会いいたします。副看護部長です!!\(~o~)/

今回は、病院を上げての一大イベントがありましたので、紹介しようと思いペンをとりました。(ペンをとるって、古いですよねぇ・・・^_^;))

一大イベントとは
大久保病院が「病院機能評価」を先週の2月13・14・15日の3日間に受審しました!!^m^
「病院機能評価」????という方もいらっしゃるかもしれませんね。学生の方には耳慣れない言葉かもしれませんね。(*^_^*)

「病院機能評価」は “国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その医療の質のさらなる向上を図ることを目的に、病院の機能を、学術的観点から、中立な立場で評価し、問題点を改善することを支援する”という 病院機能評価機構(平成7年に設立されています)が実施している審査のことです。難しいですが、よりよい病院になるために病院としてやらなければならないことがなされているかの確認と、更に良くなるために問題点を明らかにして、改善の支援が受けられるということになると思います。合格すると認定病院としての称号がいただけます。講評などの結果はこの機構のホームページに掲載されていてどなたでも読むことができるんですよ。患者さんも病院選びの1つにこの機構のホームページを参考にする方も中にはいるようです。φ(..)メモメモ

受審をすることを、病院として決定して約1年かけて準備に取り組みました。受審するからには、やっぱり合格したい!!と思い暗中模索の毎日に突入しました。なにせ、看護部で担当するのが、この私。私も受審が初めての経験で何からどうしたらよいか分からず・・・でも!!
看護師長さんをはじめ、みなさんの協力を沢山いただき、受審の準備は着々と進みました。

看護部の中だけでなく、病院の色々な所が改善・修繕・整備されて行きました。
看護部でも作成できていなかった基準が整備されるとともに、各種マニュアルの更新(毎年されているにですが)、各部署の基本方針、重点課題の掲示や記録の整備などなど本当に盛りだくさんの内容をスタッフも含め皆で取り組みました。
病院内がきれいになりました。病院職員だけではなく、委託職員の方たちも協力してくれました。受審のためにたくさん話しあいもしました。<(`^´)>
看護部だけでなくコメディカルの方たちのことや、委託の方たちのことで知らなかったことを知って理解しました。(@_@)
何かを良くするってことは、人と人が近くなり、相手を理解するってことから始まるんだと思いました。
“みんな、病院を良くしたいんだなぁ”、“みんな協力してくれてる!もっとこの病院はいい病院になれる!!”と実感したのです。
特に!!治療・看護を提供する上でも患者さんやご家族とのパートナーシップの充実には、眼を見張るものがありました。自分の部署だけが良くなればいいではなく、部門をまたいで意見を交換し、より良い病院にしようという意識がどんどん高くなり、みんなの団結力ってすごいなぁと実感した準備期間でした。
“病院が変わっている”、“病院が良くなっている”、“皆が1つのことに向かって努力して結果がでている”と感じられる日々でした。

受審当日の3日間は、正直病院全体が緊張していました。説明内容を繰り返し練習し、整理整頓をもう一度確認している師長さんや主任さん、病院内が自分たちのやっている医療・看護をどうやって分かりやすくアピールしようかと考えていたように思います。
部署訪問では、各診療科の先生と師長さん・主任さんの対応は無事に終わり、私の感想は対応・説明すべて立派でした。本当に!!よくやった!!と誉める言葉しか浮かびません。看護師だけでなく、先生やコメディカルの職員もお互いにフォローしあいながら、説明をしている姿は“チーム”という言葉が頭に浮かびました。
                                             20130222-2-1.jpg

サーベーヤーの方たちもとても優しく、指摘ではなく私たち病院を導くようにアドバイスをしてくださり、けして後ろ向きになることがないように気づかって下さっているように感じました。サーベーヤーの方たちもこの病院を良くしようと思ってくださっているのだと感じることのできる受審でした。
                                  20130222-2-2_20130222222328.jpg


病院を取り巻く、医療環境は今後もより厳しくなりますが、医療サービスの質を向上させ、合理的な病院の管理・運営、患者中心の医療のさらなる充実のために、病院がこの受審を機に一致団結し得たことは継続し、更に改善すべきことは改善できるように努力し続けなければいけないと心に誓ったのでした。
          

 | ホーム | 

いちかちゃんのブログ プロフィール

いちかちゃんのブログ プロフィール

いちかちゃんのブログ カレンダー

« | 2019-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

いちかちゃんのブログ カテゴリー